FODとネットフリックスを比較 それぞれのメリットとデメリットは?

FODをはじめ、今やインターネットを通じて映画などの動画コンテンツを配信するサービスがたくさん登場しています。ネットフリックスもその一つです。ネットフリックスでもFODと同じように、多くの映画やドラマなどを視聴できますが、両者の違いは?それぞれにメリットやデメリットはあるのでしょうか?今回はこれを解説します。

FODのライバルサイト「ネットフリックス」とは?

ネットの動画配信サービスはここ10年ほどで世界的に急拡大しました。今では日本国内でもさまざまな会社からサービスが提供されていて、料金やサービス内容も百花繚乱。ユーザーは選ぶのにあれこれ悩むほどになったといえます。

そうした多くのネット動画配信サービスの中でも、「ネットフリックス」は最大手の存在といえるでしょう。ネットフリックスはアメリカに本社があるネットの動画配信会社です。サービスを行っているのは現在190ヵ国以上に上り、会員数は計1億1700万人超と世界最大級の規模。映画などのコンテンツ配信は1日あたり1億4000万時間を超えるそうです。

日本でも2015年からサービスを開始。視聴できるコンテンツは、国内外の映画、ドラマ、アニメ、ミュージカル、テレビ番組やオリジナル作品など非常に多岐にわたります。

FODとネットフリックスの料金に違いは?

一方、FODはフジテレビが運営するコンテンツ配信サービスです。フジテレビの番組やドラマなどはもちろん、国内外の映画やドラマ、番組などを非常に多く配信しています。多数の最新雑誌の見放題や電子書籍の購入などができるのも特徴です。

ネットフリックスも映画などの動画を配信していますが、アメリカに本社があり世界展開していることから、やはり海外の映画などの作品の品揃えは豊富だといえます。

どちらもネット経由でこれらの動画を視聴できるサービスです。両方とも月額料金制になっており、FODの場合は、いろんなコンテンツが見放題になる「FODプレミアム」では月額888円(税抜き)。FODではこのほか、会員登録なしでも無料視聴できるコンテンツや、放送終了後の作品をチェックできる「見逃し無料」サービスがあるのも特徴です。

一方ネットフリックスは動画の画質などによって、いくつかの月額コースが用意されています。例えば、標準画質で1画面だけで視聴可能な「ベーシック」プランが月650円。HD画質で同時に2画面まで視聴できる「スタンダード」プランが950円。高精細な4K画質で、同時に4画面で視聴できる「プレミアム」プランが1450円(金額はいずれも税抜き)となっています。

高画質やダウンロードOKのネットフリックス

FODとネットフリックスは、料金面では前述のように、それほど大きな違いはありません。では両者にメリットやデメリットはあるのでしょうか。

まず視聴できる端末では、ネットフリックスはパソコン、スマートフォン、タブレット、大画面テレビ、ゲーム機が利用できますが、FODはテレビには対応していません。

画質では、ご紹介したようにネットフリックスは標準、HDのほか4KやHDRといった高画質にも対応。自宅の端末に応じて選ぶことができます。一方FODは、標準画質とHD画質の2種類が提供されています。

ネットフリックスは一部コンテンツについては、端末内にダウンロードしてオフラインで視聴できます。動画視聴はデータ使用量が多くなります。特に映画など視聴時間が長いコンテンツの場合、スマホなどのLTE通信で視聴するのはちょっと厳しいといえます。

ダウンロードしておいて後で見られる仕組みならば、移動中でWi-Fi環境がない場合などに、スマホで視聴する際には便利です。一方、FODのコンテンツはストリーミング配信のみで、ダウンロードはできません。

名作ドラマや雑誌読み放題が利点のFOD

さてこれに対し、FODにしかないメリットは何でしょうか。FODは会員登録しなくても無料で視聴できるコンテンツが一部用意されています。放送後の最新ドラマを後から視聴できる「見逃し無料」もドラマ制作を手がけるフジテレビならではのサービスだといえるでしょう。

フジテレビドラマといえば、過去の名作や懐かしい作品もたくさんありますが、こうしたドラマを全話視聴できるのも、FODのメリットといえます。

何よりFOD一番の特長は、電子書籍のサービスではないでしょうか。特に「FODプレミアム」で利用できる「FODマガジン」は他社にない強みです。最新の100以上の雑誌をパソコンやスマホで読み放題で閲覧できます。新作更新も早いので最新情報を次々とチェックできます。これほど多くの雑誌の閲覧サービスはFODだけです。

また「FODプレミアム」会員は、一部の漫画をパソコンなどで読むことができます。ほかにも、非常に種類豊富な電子書籍を購入できるのも、ネットフリックスにはないメリットといえるでしょう。動画や書籍購入で使えるポイントを、フジテレビにちなんで「8」の付く日に無料プレゼントするといったサービス(18年4月時点の情報です)も特色です。

まとめ

FODとネットフリックスは同じネットでのコンテンツ視聴サービスで、月額料金としてはさほど違いはないようです。

ただそれぞれ、特徴やサービスには違いがあります。ネットフリックスは海外が拠点なので海外の映画などの作品は種類が多く、強みがあります。ネットフリックスはテレビでも利用でき高画質配信も行っているため、自宅でじっくり大画面で外国映画を楽しむような場合にはメリットがあるといえるでしょう。

一方FODは「見逃し無料」など、最新ドラマなどを気軽にチェックできるサービスのほか、月額会員の「FODプレミアム」では過去の名作ドラマ視聴や、最新の雑誌を数多く斜め読みすることができます。移動中や仕事の合間などに、スマホで手軽にこれらを視聴できるのは、FODの大きな利点です。

このように、利用者それぞれの使い方やニーズに合わせて、ふさわしいサービスを選ぶことが賢い選択だといえそうです。

【追記】

FODに興味があるなら一度は試してみたいですよね。

「楽しめるのかどうか使い勝手を試したい!!でもお金は使いたくない!!」

そんな時に役立つ1ヶ月無料キャンペーンをFODは開催中です。このお得な1ヶ月無料キャンペーンはいつまで継続されるのかわからないので、興味がある方はいますぐに試してみましょう。

⇨FOD1ヶ月無料キャンペーンの詳細をチェックする!![PR]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする