FODのデータ容量や通信料はどのくらい?通信制限にならない対策も解説

FODではネットを通じてさまざまな動画コンテンツなどを視聴できますが、データ容量はどのくらいなのでしょうか。

またFOD利用の際に、通信料はかかるのでしょうか。パケット定額プランの上限を超えて、通信制限にならないようにするには、どのような対策があるのでしょうか。

今回はこれらFODを使う際の通信関連について詳しく解説します。

FODのデータ容量は

FODでは、ネット回線を通じて、テレビ番組や映画、ドラマなど多くのコンテンツを視聴することができます。

こういった動画配信サービスでは動画の画質によってデータ容量は大きく左右されます。ではFODの動画の画質はどうなっているのでしょうか。画質を選ぶことはできるのでしょうか。

FODでは動画の画質を2種類選ぶことができます。「高画質(2.0Mbps)」と「軽量版(500Kbps)」です。パソコンで視聴する場合、「動画のご利用ガイド」の中に、サンプル動画を試しに再生するページが用意されています。

利用者は最初に、この「高画質で再生」、または「軽量版で再生」のそれぞれを試し、正常に動画が視聴できるか調べることができるようになっています。このFODの高画質がいわゆるHD画質、軽量版が標準画質に相当します。

ではFODの動画は、それぞれの画質でどのくらいのデータ容量になるのでしょうか。FODの動画はパソコンやスマートフォン、タブレット端末で視聴できます。スマホなどで視聴する際は、動画を見るための「FODアプリ」を利用します。

FODアプリで視聴すると、前述の高画質の場合は、1時間の視聴で最大400MBのデータ容量を使用するとされています。軽量版の場合は、1時間で最大150MBのデータ容量となります。

これは「ギガ」というデータ容量の単位に直すと、高画質では0.4GB、軽量版では0.15GBとなります。

またFODでは動画のほかにも、月額会員「FODプレミアム」に加入すると、最新雑誌を読み放題で利用できるアプリも提供されています。雑誌は、スマホでビューアーを使ってページをめくりながら読むことができますが、雑誌のページ数が多い場合は、1冊閲覧しただけでも100MB程度を消費することもあります、意外に大きい消費なのでご注意ください。

FOD視聴で通信料はかかる?

次に、FODを視聴する際に通信料はかかるのでしょうか。自宅のパソコンのネット接続環境は、多くの場合は光回線の有線や無線LANを利用していますから、通信料は月額定額で、容量にも上限はありません。このためFODもパソコンで視聴する場合は、いくら長時間利用してもこの定額の通信料以外にはかかりません。

スマホやタブレットの場合は、多くのキャリア(携帯電話会社)では、LTE通信の一定のパケットデータ通信容量ごとに、月額の定額料金が設定されています。FODのようなネット動画サービスが広がってきたこともあり、最近は「月10GB」、「月50GB」といった、大きなデータ容量のパケット定額プランが提供されてきています。

ただ、前の項でご説明したとおり、FODの高画質視聴の場合、1時間で0.4GBのデータを消費することになります。映画1本であれば2時間以上になる作品が多いため、仮にスマホでLTE通信を使ってFODの映画をまるまる最後まで視聴すれば、1GB近くを使ってしまうことになります。

このため例えば、「10GB」の定額プランであれば、10作品を視聴するとデータ容量の上限に達してしまいます。スマホはFOD以外にも普段の生活でいろいろ利用していますから、実際にはもっと少ない本数で上限を超える恐れがあります。

上限を超えると通信制限がかかり、速度が極端に遅くなります。このためFODのような動画の視聴はまず不可能です。また上限を超えて行った通信については、追加料金が発生し、キャリアに支払う毎月の通信料に追加課金されることになります。

なお、「FODプレミアム」など月額会員の料金はコンテンツ利用料ですので、ここには、通信会社やプロバイダー(接続業者)に支払う通信料は含まれていないことには注意が必要です。

FOD視聴で通信制限にならないための対策は?

それでは、FODを視聴して通信制限にならないためには、どのような対策をとればいいのでしょうか。

パソコンの場合は通常は上限のないLAN回線ですから、通信制限の心配はありません。ただスマホなどのモバイル端末の場合は、定額のパケットデータ容量を超える恐れがあります。

このためスマホで視聴する際はWi-Fi環境で行うことがおすすめです。光回線のWi-Fiであれば十分に高速ですので、ストレスなく動画を楽しむことができ、また通信制限も気にする必要がありません。

最近は駅や電車内などでも、公共の高速Wi-Fiが提供されているケースがありますので、移動の際はまずそうした無料Wi-Fiを利用できないか、調べてみることも対策の一つです。

ちなみにこうした通信制限や、追加の通信料発生を防ぐため、FODアプリでは「Wi-Fi接続でのデータ通信時のみ、動画を再生する」という設定ができるようになっていますので、こちらをオンにしておくと安心です。

なおパソコン視聴の場合でも、モバイルWi-Fiというサービスを利用すれば、車中で移動しながらでもFOD動画などを利用することができます。ただしこのサービスではプランによってデータ容量に上限が設けてあるものもありますので、事前にチェックが必要です。

まとめ

FODで動画を視聴する場合のデータ容量は、高画質では1時間で0.4GB、軽量版では0.15GB程度となります。

スマホのLTE通信でFODを視聴すると、携帯電話会社の定額プランによっては、一定数の作品を視聴するとデータ容量が上限を超え、通信制限がかかってしまう場合があります。制限を超えた通信は追加の通信料が発生してしまいます。

通信制限を防ぐには、スマホ視聴の際は高速のWi-Fi環境で行うのがおすすめです。FODではWi-Fi接続時だけ動画を再生する設定も可能ですので、併せてこれを設定しておけばより安心です。

【追記】

FODに興味があるなら一度は試してみたいですよね。

「楽しめるのかどうか使い勝手を試したい!!でもお金は使いたくない!!」

そんな時に役立つ1ヶ月無料キャンペーンをFODは開催中です。このお得な1ヶ月無料キャンペーンはいつまで継続されるのかわからないので、興味がある方はいますぐに試してみましょう。

⇨FOD1ヶ月無料キャンペーンの詳細をチェックする!![PR]



FODの無料お試しについて詳しく知りたい人は、別のページにキャンペーンについての情報をまとめてあるのでそちらをチェックしてみてください。

自分にとってFODの無料お試しキャンペーンが必要なのかそうでないのかが判断できるようになりますよ。

⇨FOD1ヶ月無料キャンペーンの詳細をチェックする!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする