FODとdTVの違い どっちがいいのか?

「ビデオオンデマンド」といわれる、インターネット経由で映画などを配信するサービスには、FODのほかにもさまざまな種類があります。その一つが「dTV」です。FODとdTVの違いは何でしょうか。どっちのサービスがいいのでしょうか。今回はこれを解説します。

FODのライバルサイト「dTV」とは?

dTVは、携帯電話会社のNTTドコモが提供するネット配信の動画サービスです。これは、いわゆる国内の「ビデオオンデマンド」サービスの一つです。

ビデオオンデマンドのサービスは、高速大容量のネット環境が各家庭などに普及するとともに、最近急速に拡大しています。dTVのほか、フジテレビが運営するFODや、海外から進出してきたものでは、米大手ネットフリックス、英国のスポーツ中継専門のDAZNなど、さまざまなサービスが、今では身近に利用できるようになっています。

そうした中でも、dTVは、NTTドコモのユーザーであれば、店頭で紹介されたり、料金プランに組み込まれているものもあるなど、とりわけ耳にする機会が多いサービスといえるかもしれません。

dTVの特徴は?

dTVの一番の特徴は、配信している作品数が非常に多いことでしょう。国内外の映画、アニメ、ミュージックビデオ、キッズビデオなど18ジャンルで約12万作品が提供されているそうです。これは、2017年度のインプレス総合研究所の調査によると、国内の定額制・見放題作品数としては最大規模とされています。

また月額利用料金が500円(税抜)と、他のビデオオンデマンド・サービスと比べ、割安なことも特色です。NTTドコモが提供していることもあり、携帯電話ユーザーがオプションサービスとして利用する機会も多いためか、会員数としても国内最大規模となっているようです。

dTVは、携帯電話会社のサービスですから、スマートフォンやタブレット端末で視聴できるのはもちろん、大画面テレビやパソコンでも利用できるのも魅力の一つといえるでしょう。

またNTTドコモのユーザーであれば、ドコモのケータイ料金と合わせて月額料金を支払うことができるため、クレジットカードを必ずしも使う必要がないというメリットもあります。

さらに一部のコンテンツについては、ダウンロードして視聴できるものも用意されています。他のビデオオンデマンド・サービスでは、映像はストリーミング配信のみで、ダウンロード視聴できない場合が多くなっています。作品をあらかじめスマホなどにダウンロードしておけば、移動中などでも、スマホのデータ使用量を気にすることなく視聴できるので便利です。

FODとdTVの違いは?

ではdTVと、フジテレビが提供するFODとでは、どのような違いがあるのでしょうか。

まず配信している作品数では、前述のようにdTVは約12万種類もありますが、FODは約3.6万作品といわれます。会員数としてもdTVが上回っているようです。

対応しているデバイスでは、dTVは前述のようにスマホやパソコンのほかに大画面テレビでも利用できますが、FODはスマホとタブレット端末、及びパソコンだけで、テレビでの視聴には対応していません。

月額料金については、dTVは税抜500円ですが、FODの代表的な有料サービス「FODプレミアム」は888円(税抜)となっています。またコンテンツのダウンロードサービスに関しては、dTVは一部の作品では提供していますが、FODではストリーミング配信のみとなっています。

課金の形態は、基本的にはどちらもクレジットカードでの決済となります。ただしdTVは、ドコモユーザーであればケータイ料金と一緒に月額料金を引き落とすことが可能です。またFODも、NTTドコモ、au、ソフトバンクのユーザーであればケータイ料金と合わせた決済ができます。FODでは楽天ポイントでの決済も可能です。

またNTTドコモはDAZNと提携しており、ドコモユーザーならばdTVとDAZNにセットで割安な価格で加入できるプランなども提供しています。スポーツの生中継も、映画やドラマも安く見たい、という人には魅力的なのではないでしょうか。

FODとdTVはどっちがいい?

では端的に言って、FODとdTVを選ぶとすればどっちがいいのでしょうか。これは「利用者が求めているものは何か」によって答えが変わってきます。

dTVは前述のようなさまざまな特長がありますが、一方で、FODにはあって、dTVにはないサービスもあります。例えばFODでは、会員登録がなくても、一部の新番組などを後からネットで無料視聴できる「見逃し無料」というサービスがあります。

また100種類近い最新雑誌をスマホなどで見放題で閲覧できる「FODマガジン」というサービスも利用できます。マンガなどの多数の電子書籍を購入したり、購読したりすることも可能です。これらは他のビデオオンデマンドサービスにはあまりない特色でしょう。

こうして考えると、例えば「やはり価格重視」「コンテンツ数が多い方がいい」「大画面テレビで見たい」といった方ならdTV、「フジテレビの過去の名作ドラマを見たい」「雑誌を斜め読みしたい」という方ならFODがおすすめ、となります。

このようにビデオオンデマンドのサービスは、それぞれに強みや特徴が違います。利用する際は、自分のニーズにあったもの、一番使い勝手がいいものを、よく調べて選ぶことが肝要です。

ビデオオンデマンドサービスでは、新規加入者向けに無料お試しキャンペーンを実施している場合があるので、まずはこれで試してみるのも一案ではないでしょうか。

まとめ

・dTVはNTTドコモが提供しているネット動画配信
・dTVは12万作品と配信数が最大規模で、月額料金も500円と割安
・dTVは大画面テレビで視聴でき、一部ダウンロードできる作品もあるが、FODではできない
・FODでは無料で最新ドラマを後日視聴したり、フジの名作ドラマを見たりできるが、dTVではできない
・FODでは最新雑誌を多数読み放題できるが、dTVではできない

【追記】

FODに興味があるなら一度は試してみたいですよね。

「楽しめるのかどうか使い勝手を試したい!!でもお金は使いたくない!!」

そんな時に役立つ1ヶ月無料キャンペーンをFODは開催中です。このお得な1ヶ月無料キャンペーンはいつまで継続されるのかわからないので、興味がある方はいますぐに試してみましょう。

⇨FOD1ヶ月無料キャンペーンの詳細をチェックする!![PR]



FODの無料お試しについて詳しく知りたい人は、別のページにキャンペーンについての情報をまとめてあるのでそちらをチェックしてみてください。

自分にとってFODの無料お試しキャンペーンが必要なのかそうでないのかが判断できるようになりますよ。

⇨FOD1ヶ月無料キャンペーンの詳細をチェックする!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする