FODで「いつまでも白い羽根」の見逃し配信は見れる?

FODで「いつまでも白い羽根」の見逃し配信は見れるのか?あまりFODを使ったことのない人は気になりますよね。

このページでは「いつまでも白い羽根」の見逃し配信はFODで視聴できるのか、そして実際にドラマを見ている人達の感想などもあわせて紹介したいと思います。

FODで「いつまでも白い羽根」の見逃し配信は見れる?

FODで「いつまでも白い羽根」の見逃し配信は見れるのかどうか。結論から言うとFODで見逃し配信を見ることができます。

さらにこの見逃し配信はFODの月額会員でなくても、「いつまでも白い羽根」の最新話の見逃し配信を1週間にわたって無料で見れちゃいます。テレビでの放送を見逃した場合、録画を忘れた場合、もう一度みたい場合に役立つはずです。

FODは月額会員でなくても便利ですが、月額会員になるとさらに便利です。FODの月額会員だと見逃し配信だけでなく、「いつまでも白い羽根」のテレビ放送分を全て見放題になります。「いつまでも白い羽根」が気に入ったら月額会員になって見放題で何度も見たり、1話から一気に見たりといった楽しみ方ができるようになります。

FODで見逃し配信されている「いつまでも白い羽根」の感想

「いつまでも白い羽根」の感想を紹介していきます。FODで視聴する前に他の視聴者さんの感想をチェックしておくのも参考になるはず。

30代女性

新川優愛さんの初主演のドラマということで、もう少し芝居がかった演技なのかな…と思っていましたが、想像以上に自然で良い方向に裏切られました。全体的にさわやかな感じでとても良いと思います。何より、看護学生の衣装がとてもよく似合っていて良いです。

新川優愛さん母親の榊原郁恵さんに対して、反発心を持ちながら、渋々でも看護学校に通い、同時に大学受験の勉強もするという頑張り屋さんなところがとても良いと思います。また、自分の言いたいことをハッキリ言えるところも好感が持てます。

看護学校で同じクラスの酒井美紀さんのことを先生が全員の生徒の前で非難したときに、反論意見を堂々と言ったシーンが好きでした。先生に反論すると、自分まで目をつけられると考える人が多い中、人として信用できるなと思いました。

30代女性

他の大学を受け直そうとしていた瑠美でしたが、無事に戴帽式も終えました。同級生の千夏も良い友人だし、母でもある典子が頑張る姿は瑠美にも影響を与えたのではないでしょうか。藤香の過去の話が聞けたのも興味深かったです。そして瑠美はこのまま真剣に看護師を目指すのか、気になります。

気になっているのは佐伯典子です。彼女は瑠美との会話の中で、波多野先生に対しての気持ちを話していました。自分に対して厳しい波多野先生の事を尊敬している、と言える典子は立派だと思います。彼女は努力家で性格も良いのできっと、優しい看護師になれると思います。

千夏が瑠美を誘って、学校を休みがちな典子の家を訪ねるシーンです。歳は離れていますが、同級生ですと名乗る千夏が良かったです。このシーンからは同じ学校に通う仲間を思いやる、千夏の心遣いが伝わってきました。そして突然の訪問にも快く応対してくれた典子、彼女も二人が来てくれて嬉しかったのだと思います。

30代男性

看護学校の実態を、より詳しく具体的に表現されていて、とても分かりやすいドラマで良いです。主人公の看護学校にいながらも、国立大学を目指す葛藤と、不器用な同級生が、看護師を一生懸命目指す姿に、思わず応援したくなります。

不器用な看護学生の、山田千夏に、とても共感出来ました。私は主人公の木崎瑠美のように、何でも器用にこなす事が出来ず、山田千夏のように、全て、やることなすこと不器用で、でも人の為に何かをしたいという思いは強く持っていて、とても山田千夏に共感出来、応援したくなりました。

木崎瑠美の父親がうつの症状を患っていて、母親が献身的に、パートで働いている事が分かった時のエピソードが好きです。何でもクールで完璧な木崎瑠美も、こういう大変な状況で、ひたむきに頑張っている事を知って、親近感を持つ事が出来ました。途端に木崎瑠美を応援したくなりました。

まとめ

FODでの「いつまでも白い羽根」の見逃し配信などの配信状況を解説しました。FODなら月額会員でなくても無料で「いつまでも白い羽根」の見逃し配信が見れます、ぜひ活用して下さい。

【追記】

FODに興味があるなら一度は試してみたいですよね。

「楽しめるのかどうか使い勝手を試したい!!でもお金は使いたくない!!」

そんな時に役立つ1ヶ月無料キャンペーンをFODは開催中です。このお得な1ヶ月無料キャンペーンはいつまで継続されるのかわからないので、興味がある方はいますぐに試してみましょう。

⇨FOD1ヶ月無料キャンペーンの詳細をチェックする!![PR]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする