FODとTVerの違いや使いこなし方

フジテレビが運営するインターネットコンテンツ配信FODは、パソコンやスマートフォンなどの端末で、見逃した一部テレビ番組を無料で後から視聴できます。似たようなサービスに「TVer」があります。TVerとは? FODとどんな違いがあるのでしょうか。今回はこれについて解説します。

FODより便利?TVerとは?

TVerとは、主要な民放テレビ局が連携して設立した、各局の番組を放送後にネットで視聴できるサービスです。フジテレビ、日本テレビといった東京キー局や大阪の準キー局、一部の地方大手テレビ局などが参加しています。

東京キー局は現在、ほとんどの局が、FODの「見逃し無料」、「日テレ無料TADA!」、「テレ朝キャッチアップ」といった、放送後に自局の番組を一部無料でネット視聴できるサービスを行っています。これらを一つのサイトにまとめ、「ポータル」の役割を果たす民放の公式サイトがTVerということになります。

民放各局では、ネット上で違法にテレビ番組が高画質で動画配信されたり、投稿されたりすることを防止しようと取り組んでおり、TVerで民放自身が公式にネット配信することで、こうした違法配信に対抗する目的もあるとみられます。

各局のサイトを別々に見ることなく、一度でいろんな局の番組を無料でチェックできる便利さから、最近は月間の動画再生回数が3000万回を超えるなど順調に利用が広がっているようです。

TVerの使いこなし方やメリットは?

TVerでは、各局の番組放送終了から約一週間程度、一部の番組について無料で後からネット視聴することができます。デバイスはパソコンやスマホ、タブレットが利用でき、視聴はすべて無料です。

スマホなどで視聴する際は、TVerのアプリをインストールする必要がありますが、ダウンロードは無料でできます。TVerは事前の会員登録なども必要なく、だれでもすぐに視聴できるのも利点です。

使い方は、まず「さがす機能」でお目当ての番組を検索することから始めるとよいでしょう。ページの上部に「テレビ局」「ジャンル」「放送日」を選ぶバーがありますので、ここで入力して番組を絞り込みます。

またはサイトのトップページに行くと、「あなたにおすすめ」「ドラマ新着」「バラエティ新着」「まもなく配信終了」など、カテゴリーごとに現在視聴できる番組のサムネイルが表示されています。ここから見たい番組を探すこともできます。TVerでは約170番組を無料で利用できるとのことです。

TVerの一番のメリットは、いちいち各テレビ局のサイトを移って番組を探す手間が省けることです。全民放局の番組表も掲載されていますので、「あの番組、何日の何時だったっけな」という情報も同じサイトで見つけることができます。番組表は都道府県など各放送エリアごとに分けられているのも親切です。

また、TVerでは大坂や名古屋、広島など一部の地方局の番組も配信していることがメリットです。テレビ番組は基本的に、放送エリア外では視聴することはできません。同様に民放各局で運営するラジオ聴取サイト「radiko」では、無料の場合、放送と同じくエリア制限がありますが、TVerにはありません。このため普段見られない他エリアの「ローカル番組」を視聴することもでき、ファンには魅力だといえるでしょう。

TVerとFODの違いは?

ではTVerとFODの違いはどのような部分でしょうか。ご説明したようにTVerは民放各局で運営する共通配信サイトです。もちろんここにはフジテレビも入っていますので、TVerではFODの「見逃し無料」の番組をそのまま視聴できることになります。

ただし、スマホなどモバイル端末で視聴する場合は、前述したTVerアプリのほかに、FODのアプリもインストールする必要があります。基本的にTVerは民放各局のポータルサイトですから、各番組の視聴は結局各放送局のサービスに「飛ぶ」ことになるためです。

FODの見逃し無料サービスを初めて利用する際は、住所エリアや年齢を聞く簡単なアンケートに答える必要がありますが、TVerを通じて視聴する際も同様にアンケートが表示されます。これもFODに「飛ぶ」ための仕組みです。

このように、FODの番組コンテンツを視聴しようとする場合は、わざわざTVerを経由するまでもなく、直接FODで見た方が便利だといえます。TVerは、いろいろな民放局の番組を、テレビのチャンネルを変えるように見たい場合にはメリットがあるサービスといえそうです。

もちろん、月額コース「FODプレミアム」で利用できるような、昔の人気ドラマや映画、マンガや雑誌などのコンテンツは、TVerでは提供されていません。

TVerにはデメリットもある?

TVerは「すべての番組が無料」で視聴できるためとあって、ある意味やむを得ないのかもしれませんが、必ず本編再生前に30秒ほどのCMが流れます。これはスキップできませんので、テレビで地上波の番組を視聴するのと同様、ちょっと煩わしい面もあります。

さらに、これはFODや各局の見逃し配信サービスも同じですが、TVerでは放送と同時に番組をネット視聴することはできません。見逃し配信が始まるのは、テレビ放送直後ではなく、しばらく時間がかかることもあります。

TVerは、「テレビ番組を違法に再配信する行為に対抗する」目的があるとはいえ、大画面TVでの視聴には対応していません。視聴はパソコンやモバイル端末のみでとなります。ちなみに「FODプレミアム」では最近、Apple TV(第4世代)への対応が始まりましたので、FODは月額コースでは大画面テレビでの視聴ができるようになりました。

また地上波放送のような字幕表示はTVerでは提供されていません。番組のダウンロードや録画もできない仕組みになっています。

まとめ

・TVerは民放各局が連携して運営する各局番組の公式ポータルサービス
・TVerでは放送後から一週間程度、一部の各局番組を無料でネット視聴できる
・TVerは会員登録なしでPCやスマホで視聴可能。ローカル番組も見られる
・TVerでFOD見逃し無料を見る際はFODアプリが必要
・FODの番組を視聴するなら、始めからFODで利用した方が便利

【追記】

FODに興味があるなら一度は試してみたいですよね。

「楽しめるのかどうか使い勝手を試したい!!でもお金は使いたくない!!」

そんな時に役立つ1ヶ月無料キャンペーンをFODは開催中です。このお得な1ヶ月無料キャンペーンはいつまで継続されるのかわからないので、興味がある方はいますぐに試してみましょう。

⇨FOD1ヶ月無料キャンペーンの詳細をチェックする!![PR]



FODの無料お試しについて詳しく知りたい人は、別のページにキャンペーンについての情報をまとめてあるのでそちらをチェックしてみてください。

自分にとってFODの無料お試しキャンペーンが必要なのかそうでないのかが判断できるようになりますよ。

⇨FOD1ヶ月無料キャンペーンの詳細をチェックする!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする