FODで映画「外事警察 その男に騙されるな」を配信中

ドラマ、映画、テレビ番組などさまざまなコンテンツを見放題で利用できるFOD。今回は、月額コース「FODプレミアム」の対象作品でもある国内映画「外事警察 その男に騙されるな」の見所や配信状況をご紹介します。

FODで配信中の映画「外事警察 その男に騙されるな」とは?

映画「外事警察 その男に騙されるな」は2012年公開の日本映画です。NHKで放送された人気連続ドラマの映画化作品。映画とあって、日本と韓国を舞台に、海外ロケも含めた壮大なサスペンス、アクション仕立ての犯罪心理劇となっています。

監督は堀切園健太郎さん。配役は、主演の住本刑事役に渡部篤郎さん、事件の鍵を握る女・奥田果織役が真木よう子さん、住本刑事の部下の刑事役に尾野真千子さん。このほか、遠藤憲一さん、余貴美子さん、石橋凌さんら実力俳優が脇を固め、韓国の俳優も多く出演しています。

「外事警察」の見所は?

映画「外事警察」は、日本の公安警察の一部門で、国際テロなどを防ぐことが使命の外事警察が舞台です。公安警察はいわば米国のCIAのような、日本の諜報機関ともいえます。原作が、公安警察などに詳しく、その裏側を描くノンフィクションなどで知られる麻生幾氏だけに、「本当はこんなことやってるんだ!」と思うほど、人物や脚本にリアリティがあります。

ストーリーは、北朝鮮から濃縮ウランが持ち出されたという情報から始まります。同時期に東北の大学施設から核関連の機密データが盗まれたことも判明。テロリストに核爆弾が製造される恐れが高まり、日本の警察当局は「公安の魔物」といわれる外事課の住本刑事に捜査させます。住本は、日本に潜伏する工作員らしき男に目をつけ、妻の果織の弱みにつけ込んで協力者(=スパイ)に仕立て、夫の情報を探らせます。

韓国の諜報機関NISも日本に捜査官を潜入させ、外事警察、NIS、テロリスト、協力者が交錯する騙し合いが展開。しかしテロリストはついに韓国に核爆弾を仕掛け、住本や韓国当局は、テロを防ごうと必死の戦いに突入していきます。起爆装置始動。リミットが迫る中、追い詰められた住本は…。

息をのむ心理戦や、裏切りの連続。特に見所なのは、ゆすりや脅し、大金での籠絡なども平気で行い、次々と「スパイ」をつくり上げ情報を集めさせる、住本の冷酷無比ぶりです。良心の呵責にさいなまれる協力者。本物のスパイ戦とはこういうものか、とディテールのリアルさはなかなかです。

「外事警察」のFODでの配信状況は?

奇しくも、現実世界でも米国、北朝鮮、韓国などの間で核をめぐる交渉が進んでいる最中。表舞台の裏で暗躍しているであろう諜報組織に思いをはせるには、この「外事警察」は今、格好の映画ではないでしょうか。

映画「外事警察 その男に騙されるな」は、FODプレミアムの対象作品です。FODプレミアムに加入すれば、現在から、2018年10月19日 23時59分まで視聴可能となっています。

まとめ

・国内映画「外事警察 その男に騙されるな」がFODプレミアムで10月19日まで配信中
・朝鮮半島での核テロをめぐる日韓の諜報機関の暗闘を描く作品
・渡部篤郎ら実力派俳優揃い。ストーリーのリアルさが見所

【追記】

FODに興味があるなら一度は試してみたいですよね。

「楽しめるのかどうか使い勝手を試したい!!でもお金は使いたくない!!」

そんな時に役立つ1ヶ月無料キャンペーンをFODは開催中です。このお得な1ヶ月無料キャンペーンはいつまで継続されるのかわからないので、興味がある方はいますぐに試してみましょう。

⇨FOD1ヶ月無料キャンペーンの詳細をチェックする!![PR]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする