FODでアニメ「雲のむこう、約束の場所」を配信中

国内外のさまざまな映画やアニメなどが見放題で視聴できる、フジテレビのネット動画配信FOD。月額コースの「FODプレミアム」では今、気鋭のアニメクリエーター、新海誠監督作品が配信されています。その中で、「雲のむこう、約束の場所」の見所と配信状況をご紹介しましょう。

FODで配信中の映画「雲のむこう、約束の場所」の見所は?

アニメ映画「雲のむこう、約束の場所」は2004年に公開された、新海誠監督の2作目の長編作品です。

新海誠監督といえば、興行収入200億円を超え、世界中で大ヒットとなった2016年の「君の名は。」で一躍世界的なアニメーターになりました。しかし新海監督は「君の名は。」という金字塔をいきなりゼロから生み出したわけではありません。そこに至るまで10数年間に製作した作品群のエッセンスが凝縮されており、いわば集大成とでもいえる映画なのです。

「雲のむこう、約束の場所」もそうした積み重ねの一つといえます。ストーリーや映像の中には「君の名は。」を彷彿とさせる部分が数多くちりばめられています。

物語の舞台は、とある時代の、架空の北日本地方。北海道は「蝦夷」と呼ばれ「ユニオン」という外国が支配。津軽海峡で日本は南北に分断されています。蝦夷には謎の高い塔がそびえ、日本の本州から遠く望むことができます。青森の少年、ヒロキとタクヤは飛行機をつくっていつかあの塔へ飛びたいと夢見ています。そして二人がほのかに恋心を抱く同級生のサユリに、将来一緒に連れて行くと約束します。

実はその塔は「平行宇宙」を生み出す装置で、制御しないと地球ごと別の宇宙に飲み込まれる存在でした。その頃サユリは睡眠から覚めない奇病になり、日本の軍施設に隔離。大人になったヒロキは軍で平行宇宙を研究し、タクヤは飛行機作りを進めます。

南北の緊張が高まり、日米とユニオンがついに開戦。ヒロキ、タクヤはサユリの病気が塔の制御と関係しているとみて、戦争の混乱に乗じてサユリを連れだし、飛行機で塔の破壊に向かいます。そしてついに塔はタクヤたちの手で崩壊し、サユリは無事目覚めるのですが…。

映画「雲のむこう、約束の場所」の配信状況は?

この作品は、他の新海映画と少し趣が異なり、SF的要素が濃く感じられます。しかし映像の細やかさや透明感は抜群。風景描写なども繊細で、十分新海ワールドを堪能できます。

「平行宇宙」という難解なSF用語も、実はその後の「君の名は。」で話の核となる、生きる時代が違う二人が現実世界で交わってしまう「パラレルワールド」のモチーフになっているようです。

「君の名は。」と同じように、主人公ら若い3人の淡い恋や、成長とともに訪れる心のすれ違いも、細やかに描きこまれています。声優に吉岡秀隆さん、萩原聖人さんら実力派俳優を起用したことも、ストーリーを引き立てる要因かもしれません。

映画「雲のむこう、約束の場所」は、FODプレミアム対象の作品です。FODプレミアムで、現在から2019年03月31日 23時59分まで配信されており、期間中は何度でも見放題で視聴できます。

まとめ

・アニメ映画「雲のむこう、約束の場所」はFODプレミアムで2019年3月まで配信中
・新海誠監督のSF色濃い2作目。大ヒット作「君の名は。」につながるモチーフもふんだん

【追記】

FODに興味があるなら一度は試してみたいですよね。

「楽しめるのかどうか使い勝手を試したい!!でもお金は使いたくない!!」

そんな時に役立つ1ヶ月無料キャンペーンをFODは開催中です。このお得な1ヶ月無料キャンペーンはいつまで継続されるのかわからないので、興味がある方はいますぐに試してみましょう。

⇨FOD1ヶ月無料キャンペーンの詳細をチェックする!![PR]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする